コンプライアンス体制

当社は、コンプライアンス体制の強化を進めるとともに、法令や倫理にかなった事業活動の重要性を、本社を始め子会社、フランチャイズ店舗を含むオートバックスグループの全店に周知徹底しています。

コンプライアンスの基本体制

  • 当グループでは、法令や企業倫理の遵守は当然のことであり、コンプライアンスはその当然の行動を大前提として、全てのステークホルダーの正当な期待にこたえる「行動規範」と「行動指針」を明確に定義し、これを基本原理として、当社内にとどまらずフランチャイズチェン加盟法人に対しても、コンプライアンスの徹底及び啓蒙活動を推進しています。
  • 具体的な取り組みとして、関連部門で構成する「コンプライアンス事務局会議」を毎月実施し、「行動規範」「行動指針」から外れた行為の有無について、確認を行い問題が認識されれば迅速に対応する体制を構築しています。

オレンジホットライン

  • オートバックスグループでは、コンプライアンスに関する通報制度として「オレンジホットライン」(グループ内通報制度)を導入しています。これにより、グループ内における相互監視機能が働き、役員及び従業員のコンプライアンスへの意識向上が図られるだけでなく、倫理から外れた行動の早期発見が可能となります。
▲ PAGE TOP