寄付・寄贈

1.防災非常食の寄贈

当社は、大規模災害を想定し、災害対策として従業員用の飲食物を確保するとともに、賞味期限を迎える前にフードバンク活動を行っている「NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン」へ飲食物を寄贈しています。
寄贈した食料および飲料は、国内の児童福祉施設や路上生活を強いられている人や、貧困に陥っている家庭などへ届けられます。

また、パンの缶詰を当社の非常食として備蓄し、賞味期限の前に回収され義援物資として役立てられる「救缶鳥プロジェクト」へも参加しています。回収したパンの缶詰は、世界の飢餓で苦しむ人々に届けられます。

これらの取り組みは、団体への支援だけでなく食糧廃棄の問題ならびに環境問題の解決や、廃棄コストの削減にもつながる活動と捉え、今後も継続してまいります。

  • 防災用非常食の寄贈
  • 防災用非常食の寄贈

2.募金型自動販売機による日本赤十字社への支援

募金型自動販売機

当社は、従業員が社会貢献を身近に考えて参加できる取り組みとして、本社(東京都江東区)および、大阪の事業所(大阪市北区)、スーパーオートバックスTOKYO BAY東雲店に寄付型自動販売機を導入しています。

  • ※協力ボトラー:
     コカ・コーラウェスト株式会社
     コカ・コーライーストジャパン株式会社
  • ※募金の仕組み:募金ボタンによる募金、および売上金額の1%が社会貢献活動に役立てられます。
  • ※募金内容:日本赤十字社の活動に使われます。
    (活動内容:国内の災害救護、青少年赤十字活動、国際救援・開発協力、献血、救急法講習会、赤十字病院の支援等)

3.平成28年熊本自身での寄付・寄贈

一般社団法人 日本カーシェアリング協会へ軽トラック寄贈

一般社団法人 日本カーシェアリング協会へ軽トラック寄贈

震災直後、現地で非常にニーズの高かった軽自動車5台を、現地の被災者や支援活動を行う団体へカーシェアリングを行っている「日本カーシェアリング協会」様へ寄贈しました。支援車両は、熊本・大分におけるボランティアセンターでがれきの撤去、被災者の避難所からの引っ越しなどに使われ、各団体の復旧支援活動に役立てて頂きました。

従業員の募金にマッチングギフトで100万円を寄付

従業員の募金にマッチングギフトで100万円を寄付

NGO AAR Japan 難民を助ける会 の熊本・大分 における
被災地復旧活動へ支援金を寄付

全拠点のオートバックスセブン従業員からの募金のほか、(株)オートバックス・マネジメントサービスと、労働組合オールオートバックスセブンユニオンからの募金に、当社が一定額を上乗せし、総額100万円を、AAR Japan[難民を助ける会]が行う熊本地震の緊急支援活動の支援金を寄付いたしました。

(左)AAR Japan事務局長伊藤様
(右)当社北條執行役員

義援金募金を全店舗の店頭で実施

全国のオートバックス店舗で実施した義援金募金は、多くのお客様から支援を頂き 2,778,719円 が集まりました。集められた募金は、義援金として日本赤十字社へ寄付をいたしました。