健康経営

100年企業を目指す「健康経営」

1. 健康経営の位置づけ

健康経営の位置づけ

私たちは、オートバックスセブンビジョン「2050 未来共創」を掲げ、共に働く仲間と明るく元気な未来を創っていきたいと考えています。そのためには従業員の「心の健康」と「身体の健康」がすべての土台になることは言うまでもありません。オートバックスセブンは健康経営を原動力に、ビジョンを目指し、オートバックスチェン経営理念である「豊かで健全な車社会を創造する」という使命を果たします。

2. オートバックス健康経営宣言

私たちは、「2050 未来共創」の実現を目指し、経営・労働組合・健康保険組合・従業員とその家族が一体となって健康増進につとめ、“こころ” と “からだ” の元気を推進します。

制定 2014年 4月1日
改定 2018年10月1日

私たちは、1947年の創業以来、経営の三本柱のひとつとして、「従業員の心と身体の健康」を掲げ、取り組みを推進してきました。未来に向けて掲げるビジョン「2050 未来共創」を実現するためには、明るく元気で、活力みなぎる組織でなければなりません。
今後も、オートバックスセブンは、従業員の “こころ” と “からだ” の健康に対する意識を高め、力強く健康経営を推進することによって広く社会に貢献します。

3. 重点取組課題

社員一人ひとりの健康が企業価値につながるということを、オートバックスグループの社員全員で考える組織風土を共に創っていくために、また、その活動を通じて広く社会に貢献できるように、全社員一丸となって以下の課題に取り組んでいきます。

1. 禁煙促進活動の推進
禁煙環境の整備、および個々の禁煙への取り組みを支援するとともに、受動喫煙による健康被害の対策を各事業所にて行います。
2. 生活習慣病予防対策の推進
生活習慣病発症予防、および重症化予防対策に取り組みます。
3. がん対策の推進
がん検診受診率向上による早期発見と早期治療を支援するとともに、罹患者に対して治療と就労の両立支援に取り組みます。
4. こころの健康づくりの推進
全社員がいきいきと健やかに最良のパフォーマンスを発揮できるよう、「セルフケア」や「ラインによるケア」を支援するとともに、「社内の産業保健スタッフ等によるケア」、「社外のサービスを活用したケア」の推進に取り組みます。
5. 女性特有の健康関連課題への取り組み
女性が健康で明るく、充実した日々を自立して過ごせる職場環境の整備と、支援策に取り組みます。
6. 『健康経営』を推進する職場環境の整備
『健康経営』の取り組みを職場に浸透させるための環境や組織の整備に取り組みます。

4. 健康経営組織

健康経営を推進する組織として健康増進協議会を設置します。
健康増進協議会は、社内の健康経営推進組織にオートバックス健康保険組合、UAゼンセンオールオートバックスセブンユニオンとオートバックスグループ共済会で構成し、具体的な施策の推進を検討していきます。

健康増進協議会

健康増進協議会では、健康で安全な職場環境を整備するために、健康経営の重点取組課題6項目だけではなく、時間外労働の削減や労働災害リスクの軽減といった労働安全衛生面の課題も合わせて検討するものとし、活動事項については安全衛生委員会を通じて社内に浸透を図っていきます。その結果として組織全体の活力を高め、企業価値の向上につながるものと考えています。

社内の健康経営推進組織には、安全衛生委員会の他に社内の健康相談窓口を設置しています。社内の健康経営推進組織には、保健師が常駐して、産業医・臨床心理士とともにメンタルヘルスを含めた健康相談や生活習慣の改善支援を行っています。

また第三者相談窓口としてオートバックス健康保険組合のICTサービスを活用し、外部専門機関の「メンタルヘルスサービス」を利用することができます。

オートバックスセブンの安全衛生方針

私たちは、「オートバックスセブン健康宣言」という共通の価値観を持ち、それに沿った健康で安全な職場環境を整備することで、組織全体が活力に満ちた風土が醸成され、ひいてはビジョン「2050未来共創」に向かう原動力になると考えています。この考え方をすべての事業活動に取り入れ、安全衛生水準の向上と、自主的な安全衛生活動を全社的に推進します。

1. 安全衛生を優先した職場環境づくり
私たちは、安全衛生に関する意識・知識の向上をはかるとともに、各事業場や店舗におけるリスク要因を特定した上で、それらを除去・低減する施策を策定・実行し、従業員が心身ともに健康で働くことのできる、安全・安心な職場環境づくりを行います。
2. 各事業場や店舗における自主的な安全衛生活動の推進
私たちは、各事業場や店舗の安全衛生目標を達成するための施策を実行するとともに、定期的に見直しを実施することで、それぞれの職場における固有の課題に対して自主的に取り組み、全社的な安全衛生水準の向上をはかります。
3. 安全衛生に関わる法令等の順守
私たちは、すべての事業場や店舗において、労働安全衛生法など労働関連法令をはじめ、安全衛生に関わる規程等を順守します。
4. 健康宣言に基づく健康経営の推進
私たちは、経営・労働組合・健康保険組合・従業員とその家族が一体となって健康増進に努め、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、活力高く働くことができるように、メンタルヘルス対策や生活習慣病の予防に取り組みます。

5. 具体的な活動

「風土作り」「運動習慣」「健康」の3つのテーマで、社員やその家族をはじめとしたオートバックスグループの健康を守り、育てる活動を続けています。

風土作り

風通しの良い職場環境作り

100年企業を目指し、強くしなやかな組織を作っていくため、風通しの良い職場環境の整備に力を入れています。会社のトップと社員、トップと管理職、管理職と社員などが相互に「対話」する場を設けています。

社長対話会 ~トップと社員の「対話」~

会社のトップと社員が直接「対話」をする機会を設けるため、管理職や地方拠点、若手、店舗、女性などさまざまなグループで社長との「対話会」を定期的に実施しています。これまで40回程度実施され、900人以上の社員が参加しました。

管理職向けコミュニケーション研修 ~管理職と部下の「対話」~

管理職向けの独自の傾聴研修を実施しています。心身の健康は、生産性の向上や、安心して働ける環境づくりになくてはならないものだと考え、社員のヘルスリテラシーを高め、経営層や管理職が対話の重要性を再認識する場として、今後も継続して実施します。

職場改善懇談会 ~社員同士の「対話」~

各部門で職場環境について社員同士が気軽に話し合うことができる場として、職場改善懇談会を開催しています。

管理職向け傾聴研修の様子

管理職コミュニケーション研修の様子

風土作り

女性活躍

オートバックスセブンでは、今後の成長戦略において女性の活躍が重要であると考え、より広い分野で女性が活躍できるよう、取り組みを行っています。これまでには、女性社員向けの社長対話会や、「女性視点で働きがいを考える」ことを目的とし、海外拠点で働く女性社員が集まってワークショップなどを実施しました。

海外拠点で働く女性社員のワークショップの様子

海外拠点で働く女性社員のワークショップの様子

風土作り

クラブ活動の奨励

オートバックスセブンには、心身の健康増進を目的とした12のスポーツや文化クラブの活動があります。自らの能力やスキル・知識を向上させる取り組みとして、仲間を集めて日々研鑽しています。クラブの中には、地域社会への貢献につながる活動を行っているものもあります。

  • ランニングクラブの練習風景(24Hリレーマラソンに向けて)

    ランニングクラブの練習風景(24Hリレーマラソンに向けて)

  • 野球部の試合前集合写真

    野球部の試合前集合写真

運動習慣

オートバックス Presents ランナーズ24時間リレーマラソン

健康増進と地域活性化への支援による社会貢献を目的に、「24時間リレーマラソン」にメインスポンサーとして特別協賛しています。社員だけでなく、フランチャイズに加盟する社員も、ランナーとして大会に参加。オートバックス流のさまざまなイベントを用意し、ランナーをはじめ応援する地域の皆様や大会を支える皆様とともに、大会を盛り上げます。

2018年 舞洲スポーツアイランド大会 スタートの様子

2018年 富士北麓公園大会 スタートの様子

運動習慣

「コーポレートゲームズ」への参加

健康増進を目的に、オートバックスセブングループ全体を横断した取り組みとして、2016年から毎年「コーポレートゲームズ(※)」に参加しています。野球やフットサル、ドッジボールなどの競技に出場し、チームワークを高めています。

※コーポレートゲームズ…世界中から参加者が集い、競技に参加し、人々が交流する、スポーツの枠を超えたユニークなスポーツ交流型フェスティバル。約200の団体が参加し、いくつかのディビジョンに分かれて野球やバスケットボール、フットサルなどの協議を行う。

2018年コーポレートゲームズで円陣を組む様子

2018年コーポレートゲームズで円陣を組む様子

健康

健康マネジメント研修

健診データ・問診データ・レセプトデータ(※)などの複数の医療データの多角的な分析に基づいた社員の研修プログラム「健康マネジメント研修」を実施しています。1泊2日の研修では、自身の健康状態を認識と向上を目的として、さまざまなプログラムを実施しています

※レセプトデータ…医療機関が健康保険組合に提出する月ごとの診療報酬明細書

健康マネジメント研修風景

健康マネジメント研修風景

健康

健康会議

オートバックス健康保険組合が中心となり、毎年9月に加入会社の健康推進責任者と健保の担当者が集まる健康会議を実施しています。2日間に渡り、健康経営の取り組み状況の発表や社員の健康づくりのためのセミナー等を行っています。

健康会議風景

健康

禁煙チャレンジ

オートバックスセブンの喫煙率は36.6%(2016年度)と高く、健康経営を推進するための重要施策として禁煙促進活動に取り組んでいます。これまでには、就業時間内禁煙や、保健師・産業医によるカウンセリングや禁煙外来の紹介、ニコチンパッチの購入補助などの取り組みを実施。今後も健康経営の推進の一環として取り組んでいきます。

健康

歯科健診プログラム

歯科医療費の適正化と歯とお口の健康維持のため、web問診による歯科健診プログラムを実施。体の健康とも深い関係がある歯とお口の健康対策に取り組みます。

健康

腰痛アプリ

社員の労働生産性の向上を目的とした腰痛対策アプリを導入しています。体の痛みや、うつ・睡眠障害がプレゼンティーズム(※)の要因であることを踏まえ、健康経営の一環として社員の体の痛み対策にも取り組んでいます。

※プレゼンティーズム…出勤はしているが健康上の問題で労働に支障をきたし最善の業務ができなくなる状態

6. 外部からの評価

2016年度 厚生労働省保険局長 優良賞受賞

厚生労働省のスマート・ライフ・プロジェクト主催の「第 4 回健康寿命をのばそう!アワード(2016年度)」の生活習慣予防分野において、オートバックス健康保険組合が厚生労働省保険局長優良賞を受賞しました。顧問医監修による健康リスク階層化基準に基づき、加入者全員の階層化と、ヘルスゾーンごとのリスク者減少を狙った「生活習慣病対策事業」をオートバックスセブンと共同で実施したことが、受賞につながりました。

2017年度 「健康経営優良法人~ホワイト500~」に選定

健康経営優良法人2017 ホワイト500健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省・日本健康会議が主催する、地域の健康課題に則した取り組みや、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している企業等を顕彰する制度です。

オートバックスセブンは、「『健康経営優良法人2017』~ホワイト500~」の認定を受けました。

「DBJ健康経営格付」の最高ランクを獲得

DBJ健康経営格付

「DBJ健康経営格付」は株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が独自の評価システムにより、企業の健康経営、社員の健康配慮への取組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した、世界初の融資メニューです。当社が推進する『健康経営』については、外部機関の評価を受ける機会があり、日本政策投資銀行(DBJ)の健康格付で、2015年と2017年の2回連続で、「社員の健康配慮への取り組みが特に優れている」という最高格付「Aランク」を取得しました。