ディスクロージャーポリシー

1.基本方針
株式会社オートバックスセブンは、全てのステークホルダーから支持と信頼を得ることとともに、上場企業として適正な資本市場の形成に寄与することを経営上の最重要項目の一つと認識し、関係法令や規則に従い公平でタイムリーな情報開示を積極的に行います。
2.情報開示の内容
当社が開示する情報は以下のとおりです。
  • 1.法定開示情報
    会社法および金融商品取引法等の関係法令上定められた情報
  • 2.適時開示情報
    当社株式が上場している東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報
  • 3.任意開示情報
    上記に該当しないものの、株主・投資家の投資判断に影響を与える可能性のある情報
  • 4.その他
    上記の情報を補足する内容、株主・投資家の投資判断に参考になる情報(PR情報)
当社はこれらの内容に加えて、ホームページ、取材、IRミーティング、印刷物等を通じて株主・投資家が当社への理解を深めるための情報を提供します。
3.未公開の重要情報
万が一、取材等で言及された情報が未公開の重要情報と判断された場合、速やかに適切な手段により開示を行います。
4.情報開示の方法
開示する情報につきましては、情報の種類に応じて所定の方法で開示を行うとともに、当社のホームページに掲載するものとします。
5.クワイエット・ピリオド(沈黙期間)
当社は公平性の確保と決算情報の漏えいを防ぐために、四半期毎の決算期の終了月の次月の第8営業日から当該四半期決算発表までを沈黙期間とし、決算内容に関するコメントは控えさせていただきます。
(注:月次売上情報は原則、毎月第5営業日に開示し、その後2営業日はこれに対する質問をお受けします。)
6.情報開示の体制
当社の情報開示体制は以下のとおりです。
体制図
情報の正確性、開示の公平性を保つため、当社の主要なIR活動は、社長執行役員、IR関連部門の役員、IR担当者をスポークスパーソンとして行います。原則として、上記スポークスパーソン以外の役員・従業員が証券市場関係者に単独で会社情報の提供を行うことはありませんが、必要に応じて他の役員、従業員に委任するケースもあります。
7.建設的な対話
当社はIR活動を通じて株主・投資家と真摯な対話を行います。そして対話をより建設的なものにするために、得られた意見等について経営幹部および社内関係部門に対してフィードバックを適宜行います。
8.インサイダー取引の未然防止
当社は内部情報の適切な管理および株式の売買などについて遵守すべき基本事項を社内規程に定め、役員および従業員に対してインサイダー取引規制に関する周知徹底と株式の売買管理体制の適切な運用により、インサイダー取引の未然防止に努めています。
9.将来の見通しに関して
開示情報には、当社の将来についての計画、戦略および業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は、開示した時点において入手可能な情報による判断および仮定に基づき算出しており、その後の市況環境や事業内容の変化など、さまざまな要因により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性があります。

制定:2018年7月

▲ PAGE TOP