私たちは、カー用品の販売と取付・交換サービス、車検・整備を提供する小売店舗で構成されるフランチャイズチェンを運営する国内オートバックス事業を主力事業としています。
また、国内オートバックス事業で獲得したノウハウや人材を強みに、ディーラー・BtoB・ネット活用などの事業やグローバル展開なども推し進めています。

国内オートバックス事業

3つの価値の実現に向けて

「安心・安全」「体験・発見」「自己表現」という3つの価値を実現し、お客様にとって「プロフェッショナルでフレンドリーな存在」となることを目指しています。

クルマを快適に使いたい

 

快適なカー用品とサービス / タイヤ・車検 / オリジナルブランドAUTOBACS QUALITY』 / ドライブレコーダー / メンテナンス商品・・・など

クルマで出かけて楽しみたい

 

オリジナルブランド『JKM』 / ドローン / キャンピングカー / グラフィットバイク・・・など

好きなクルマでもっと自分らしく

 

カースポーツ用品 / オリジナルブランド『GORDON MILLER』 / ARTA関連商品・・・など

海外事業

ASEAN地域を中心に事業基盤を強化

成長を続けるASEAN地域を中心に、現地の有力企業との資本・業務提携や合弁会社による運営を通じて「小売・サービスビジネス」「新規ビジネス(卸売)」を軸に、事業基盤を強化しています。

海外での小売・サービスビジネス


カー用品販売とメンテナンスサービスを提供するAUTOBACS店舗を海外でも運営しています。
また、現地のお客様のニーズに合ったサービスを提供するために各地域においてパートナー企業と提携しています。

新規ビジネス(卸売)

 

海外における新規ビジネスとして、小売店舗のほかに現地企業に対するサービスの提供やさまざまな地域で開発・製造された商品を卸売する事業を拡大しつつあります。

ディーラー・BtoB・ネット

将来の収益の柱を育成

当社のグループの強みを生かし、将来的に国内オートバックス事業とのシナジーが期待できる分野として、「ディーラー事業」「BtoB事業」「ネット事業」を新たな成長ドライバーとして育成しています。

ディーラー事業

BMW/MINIディーラーの運営を拡大

2019年4月にディーラー事業を統括する子会社の株式会社オートバックス・ディーラーグループ・ホールディングスを設立し、収益拡大に向けた体制整備を行っています。
2020年9月末現在、12拠点の営業体制を強化し、新車・中古車の販売だけでなく、サービスの強化に努めています。
写真左:Ikebukuro BMW
写真右:MINI 池袋

BtoB事業

オートバックス店舗以外への卸売先を開拓

連結子会社の株式会社CAPスタイルを通して、ホームセンターや自動車整備事業者などへのカー用品の卸売販売、当社グループ外の法人顧客への卸売販売、法人顧客の保有する社用車に対しドライブレコーダーのような安全支援商品を中心に取付作業も含めた取引を推進しています。また、車検・整備・板金などを行う事業者の子会社化など次世代技術に対応した整備ネットワーク構築に向けた活動を強化しています。

ネット事業

BtoCおよびBtoBの両事業の拡大につながるプラットフォームを構築

2020年8月に公式ショッピングサイトAUTOBACS.COMをリニューアルし、品ぞろえ、プロモーションなどの再構築に取り組むとともに、AIを活用したデジタルマーケティングにより売上の拡大を図りました。
また、オートバックス公式アプリは、簡単ログイン・操作性/スピードの向上を図り、車検やオイル交換などの「作業予約」のユーザビリティを高めます。