■「交通安全への取り組み」の活動に関するSDGs目標

当社は、商品を通じた交通安全の促進や、店舗を通じた地域社会への交通安全啓発活動により、交通事故のない社会を目指します。

交通安全啓発絵本「ムギちゃんのパン」

交通事故のない社会を目指し、子どもたちの交通安全意識を向上させる目的で、梅花女子大学との産学連携で、交通安全啓発の絵本『ムギちゃんのパン』を発行しました。
本書は「交通安全」を軸に、パン屋の息子であるくまのムギちゃんがお父さんと一緒に町へパンを売りに行く道中で、さまざまな動物たちと「交通安全」に関わる話がかわいいイラストとともに展開されます。

商品を通じた安全運転支援

昨今、高齢者や運転に不慣れな方によるアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる事故が相次いで発生しています。 公益財団法人交通事故総合分析センター(ITARDA)によると、ペダルの踏み間違いによる事故、1年間で4,000件以上発生しており、その事故における年齢別の割合は、24歳以下と65歳以上のドライバー、特に75歳以上の高齢ドライバーで高くなっており、運転技術の未熟さや加齢による運転能力の低下が要因と考えられています。このような事故を未然に防ぐため、急発進防止装置の開発や販売を行っています。

販売だけでなく、一部の地域では警察署や自治体と協力して、高齢者講習などの際にペダルの見張り番を体験していただいています。2017年12月には、本製品を通じて交通事故が撲滅されるようにと願いを込めて、売上金の中から100万円を公益財団法人交通遺児等育成基金へ寄付を行いました。

ドライブレコーダーの活用

当社は、交通事故防止対策として各事業所の社有車(約200台)にドライブレコーダーを装着し、安全運転に対する意識の向上に努めています。また、店舗ではドライブレコーダーを販売し、多くのお客様に機能と必要性をお伝えすることで、事故の早期解決や、燃費向上、犯罪抑止などにも役立てています。

アルコールチェッカーの導入

当社は、従業員の飲酒運転防止への取り組みとして、アルコール濃度を客観的に判断できるアルコールチェッカーを活用しています。社有車に乗車する前にチェックを義務付け、徹底した管理を実施しています。