オートバックスグループでは、創業以来積み重ねてきた企業ブランドを強みとして、社会への提供価値に努めています。一方、事業活動を通じてそのブランドを毀損する可能性のある重要なリスクに対して、未然に防ぐための仕組みを構築しています。

商品の品質管理

オートバックスグループ商品品質ガイドライン

私たちは、常にお客様視点での判断を基準とし、安心・安全な良品質商品の提供を目指します。

  1. 私たちは、商品に関連する法令や規則を遵守します。
  2. 私たちは、オートバックスグループの定める商品品質基準を満たした商品を提供いたします。
  3. 私たちは、提供する商品の品質維持や更なる品質向上を目指し、品質管理に対するスキル向上に努めます。
  4. 私たちは、環境に配慮した商品の仕入・提供に積極的に取り組みます。

商品品質基準

当社では、商品の品質を「品質管理規程」に沿って管理しています。当社が販売元であるプライベートブランド商品はもとより、ナショナルブランド商品についても製造メーカーや仕入先と連携し、商品本体または商品使用時の適法性や、PL法に基づく消費者保護の観点など多面的な商品の管理を行っています。

AQL基準

当社は多くのプライベートブランド商品の製造を海外工場に委託していますが、品質の安定化を目指し、製造現場での監査・助言を行っています。また、工場出荷の直前、またはロジスティクスセンターに入荷した時点で、世界的に広く採用されている合格品質基準(AQL=Acceptable Quality Level)に基づいて検査を行っています。

商品不具合ホットライン

ナショナルブランド商品の中にも、稀に不良品が含まれています。このような場合、当社では、取引先に対して対策書の提出を義務付け、品質管理体制や製造工程にまで踏み込んだ再発防止策の検討・提案を行っています。また、グループ内掲示板「商品不具合ホットライン」を導入し、タイムリーに各グループ店舗と情報の共有をしています。

バイヤー育成研修

安心・安全で質の高い商品をお客様に提供するため、毎年バイヤー研修を実施しています。バイヤーの役割や必要な知識・スキルを体系的に伝え、損益管理やコスト構造だけでなく、これからの時代の環境変化に対応できる柔軟かつ戦略的なバイヤーを育成し、オートバックスのブランド力を高め、品ぞろえと売場作りを行っています。

サービスの品質管理

ピットサービスに対する品質管理

オートバックスグループでは、ピットサービスマニュアルや脱輪防止マニュアルなどを整備し、常にお客様の安全を第一に作業を行うことを徹底をしています。また、メカニック資格を設け、技術研修やeラーニングなどを通じて、作業員の技術向上に努めています。車検においては、グループ内で作業内容を統一し、品質の向上と作業効率を高めています。

ハイブリッドカー作業取扱店 認定制度

ハイブリッドカーのバッテリーなどを整備するには、「低圧電気取扱特別講習」を受けることが法令等で義務付けられています。オートバックスグループでは、「ハイブリッド研修」をグループ従業員向けに実施するとともに、「電気自動車等の整備に係る特別教育」「絶縁工具」「診断機」「ハイブリッド研修」の4つを備えた店舗を「ハイブリッドカー作業取扱店」として認定し、店舗の入り口付近に看板などを設置しています。2022年3月末現在363店舗が認定されています。

個人情報に対するリスク

当社グループは、個人情報の保護に対して、情報セキュリティに最善の対策を取るとともにプライバシーポリシーとして公開し、社内外に周知しています。また万一、個人情報の漏えい等が発生した場合、個人情報の持ち主の被害を最小限に留め、当社グループの事業活動に影響を及ぼさないために社内の連絡体制を整備しています。

カーライフサポートセンター

お客様からの商品の問い合わせや店舗対応に関するご意見、オイルやタイヤ交換の作業予約、店舗への問い合わせなど、さまざまな問い合わせに対応するため、豊洲本社内および山形にコールセンターを設置し、お客様のカーライフをサポートしています。