株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)は、2021年3月30日、大分県由布市(市長:相馬尊重)と相互の連携を強化し、地域一層の活性化および地域課題の解決により市民サービスの向上を図ることを目的とした包括連携協定を締結しました。

ここがポイント!

  • 自治体との“安心・安全”を軸とした包括連携協定を締結しました。
  • IoTやAIなどのデジタル技術を活用し、地域の課題の解決と地域生活の活性化を図ります。
  • 地域防災と防犯対策、交通安全・地域交通、教育・健康・子育て支援、産業振興など主に4つの分野での連携を予定しています。
右:由布市 市長 相馬尊重<br/>左:(株)オートバックスセブン 代表取締役 社長執行役員 小林喜夫巳
拡大
右:由布市 市長 相馬尊重
左:(株)オートバックスセブン 代表取締役 社長執行役員 小林喜夫巳

【包括連携協定にて提案予定のサービス分野】
今回締結した包括連携協定では、次の5つの項目について取り組みを検討し、由布市民のニーズに基づくサービスを提供することで、市民生活の豊かさを追求します。

 

地域防災と防犯対策の推進に関すること
・河川水位監視AIカメラを用いた危険水位の自動検知
・侵入検知、センサーなどによる空家管理
・AI活用の天気予測モデルを用いた災害予測
・IoTを活用した避難救援物資管理支援

 

交通安全・地域交通の推進に関すること
・交通渋滞解消も含むオンデマンドモビリティの提案
・自家発電式EVカーによるシェアリングサービスおよび電源供給
・IoTを活用した安全運転サポートシステム

 

教育・健康・子育て支援の推進に関すること
・IoTを活用した見守りサービス
・アイデアソンなど活用による課題解決型授業の支援
・Society5.0時代を担う人材の育成支援
・IoTを活用した外出促進、健康マイレージプロジェクトの提案
・IoTを活用した熱中症対策
・AI会話ロボットを活用した日常・遠隔会話の提案

 

産業振興(農業・観光業)など地域経済の発展に関すること
・パーク&ライドと地域モビリティによる観光サービス向上
・スマート農業(AIやセンサーを活用した仕組み作り)
・IoTを活用した鳥獣害対策
・ドローンツーリズムによる、情報発信と観光促進
・ARやドローンを活用したdスポーツイベントの開催

 

その他、地域課題の解決に必要な事項に関すること

 今後も「常にお客様に最適なカーライフを提案し、豊かで健全な車社会の創造を使命とする」という当グループの経営理念に基づき、新たなライフスタイルを提供してまいります。

 

以上

この件に関するお問い合わせ

【お客様からのお問い合わせ】
オートバックスお客様相談センターフリーコール:0120-454-771

受付時間:9:00~12:00 13:00~17:30(土・日・祝祭日を除く)


【報道関係者からのお問い合わせ】
株式会社 オートバックスセブン IR・広報部 鈴木、小笠原
〒135-8717 東京都江東区豊洲5-6-52 NBF豊洲キャナルフロント
TEL. 03-6219-8787 FAX. 03-6219-8762 MAIL. pr@autobacs.com