株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)は、一般社団法人日本カーシェアリング協会(代表:吉澤武彦)と、毎年のように起こる自然災害に対して、より迅速に且つ安定的に支援連携を実施していくための体制強化を目的とした災害支援協定を2021年7月21日(水)に締結しました。

ここがポイント!

  • 自然災害時に被災地に迅速に車を届けるための支援体制を強化。
  • 自然災害時の一刻も早い復旧に向け、車を被災された方がご利用されるシェアリングカーの寄贈・運搬・メンテナンスなどの支援を行います。

 一般社団法人日本カーシェアリング協会(以下JCSAという)と当社は、2016年の熊本地震の対応をきっかけに支援連携を開始し、その後の災害(九州北部豪雨、西日本豪雨、台風19号、佐賀豪雨、令和2年7月豪雨)においても協力し被災地の復旧支援を行ってきました。主な連携内容としては、車両の寄贈・車両運搬支援・被災地域でのメンテナンス支援などを行い、JCSAが被災地域で被災者の方へ車両の貸し出し、情報収集、その後の地域コミュニティサポートの運営などを行っています。

左:一般社団法人日本カーシェアリング協会 代表 吉澤武彦<br/>右:(株)オートバックスセブン 代表取締役 社長執行役員 小林喜夫巳
拡大
左:一般社団法人日本カーシェアリング協会 代表 吉澤武彦
右:(株)オートバックスセブン 代表取締役 社長執行役員 小林喜夫巳

■当社と-JCSAの支援連携実績 ( )は被災地での車ののべ貸出件数


平成28年熊本地震:軽トラック5台寄贈、支援車両のメンテナンス(のべ貸出:73件)
平成29年7月九州北部豪雨災害:車11台運搬(石巻→久留米)、支援車両のメンテナンス(のべ貸出:41件)
平成30年7月豪雨災害:車10台運搬(石巻→倉敷、西予)、支援車両のメンテナンス(のべ貸出:629件)
令和元年8月豪雨災害:車18台運搬(石巻、倉敷→武雄)、支援車両のメンテナンス(のべ貸出:105件)
令和元年台風第19号災害:軽自動車、普通車計18台寄贈、支援車両のメンテナンス(のべ貸出:123件)
令和2年7月豪雨災害:車29台運搬、支援車両のメンテナンス(のべ貸出:448件)

平成29年九州北部豪雨災害で被災地に運搬した車両

令和元年台風第19号災害の際に寄贈した車両

 今後も「常にお客様に最適なカーライフを提案し、豊かで健全な車社会の創造を使命とする」という当グループの経営理念に基づき、新たなライフスタイルを提供してまいります。

以上

【お客様からのお問い合わせ】
オートバックスお客様相談センター フリーコール:0120-454-771
受付時間:9:00~12:00 13:00~17:30(土・日・祝祭日を除く)


【報道関係者からのお問い合わせ】
株式会社 オートバックスセブン 広報・IR部 前川、大西
〒135-8717 東京都江東区豊洲5-6-52 NBF豊洲キャナルフロント
TEL. 03-6219-8787 FAX. 03-6219-8762